MENU

転職を考えている人へ

後先考えずに転職をしようとする事は間違いです

転職を考えるきっかけは人によって違いますが、現在の職場に深刻な問題を感じている時や、違うところで働きたいと思うことは珍しくありません。もしも、できるだけ早く転職をしたいと思ったとしても、すぐに行動に移せばいいかというと、そんなことはありません。転職をしたいと思っていても、思うように仕事を見つけることができないということもよくある話です。その時その時で、転職に適しているかどうかが異なってきます。案外知られていなのが、転職時には気持ちの持ち方が大変重要になってくることです。転職をしたいという気持ちをどれだけ強く持っているかは、経済情勢や、求人の多さに匹敵するくらい、大事な要素となっています。別の会社に行きたいという気持ちを明確に抱いている時のほうが、転職活動には向いているものです。気持ちとは、張り詰めたり、緩めたり、高まったり、低くなったりを繰り返しているものです。状況が厳しくなっていても、やる気が高い時には真正面から苦難に立ち向かいたい気持ちになっていて、乗り越えやすいものです。士気が高い時と、低い時とを比べると、似たような状況に陥っても、対応策を速やかにとれるかが違います。転職にはある程度の勢いが必要となるので、やる気になっている時に活動を進める事が重要です。転職したいと思っていたけれど、土壇場で決心が付かずに迷っていたら、結果も中途半端なものになってしまう場合があります。

 

面接を上手く切り抜けるコツ

多くの場合、転職活動を成功させるためには、どうして転職をするかが言えなければなりません。転職するにあたって、面接で必ず聞かれるのが、なぜ転職しようと思ったのかという理由についてです。転職に至った理由こそが志望動機にも繋がるため、この質問に対しては明確な答えを持っておかなければなりません。転職理由はこれが正解だというものは無く、それこそ人によって異なるものなので、何通りもあります。残業が多すぎる、給料が足りなすぎる、気の合わない人がいる、会社の方針が納得いかないなど、動機は様々です。転職の理由は、言い方を間違うと、相手によくない印象を与えてしまいますので、用心してください。スムーズに転職をするために、何を言うと面接官の評価が下がりやすいのかは、知っておきましょう。前職の人間関係を転職理由として述べることは控えるようにしましょう。次の会社でも同じような状況になれば、再び退職することになる可能性が高いと判断されて、採用には結びつきにくくなります。給料等の福利厚生に対する不満については、もっと条件の良い仕事が見つかったら辞めるのではないかと思われるので、あまり良い理由ではありません。採用担当者が、あまりいい印象を抱いてくれないようなことはできるだけ言わず、実際の話と齟齬が大きくならない範囲で表現しましょう。今の職場を悪く言うよりは、今後の展望を語るほうに軸足を置いて希望動機を語るよう心がけることが、転職活動では重要になります。